< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ガレ展内覧会 > 目黒区美術館 > ガレ展内覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ガレ展内覧会



ちょっと日にちが経ってしまいましたが、目黒区美術館で始まった、エミール・ガレ展の内覧会にお邪魔してきました。

エミール・ガレというとアール・ヌーボーのガラス工芸家という印象が強いですが、今回の展覧会では、黒壁美術館のコレクションから家具や陶器の作品が多く展示してあり、ガレがスタイルを確立する過程において受けた影響について分かりやすい内容になっています。

DSCN1480-500.jpg

展示室はこんな感じで、仕切りがなく見通しいいです。

s-DSCN1444.jpg

19世紀中ごろの「書き物机」
見所は、どこかというと、、

DSCN1445-500.jpg

猫足の脚線美。

DSCN1453-500.jpg

マイセンの人物群像飾り時計。ガレに影響を与えたといわれています。

DSCN1450-500.jpg

そして、こちらがガレの兎とフクロウ。

DSCN1460-500.jpg

こちらは、ガレの「蛙文花器」と「蜻蛉文花器」
北斎漫画の影響がうかがわれます。

DSCN1461-500.jpg

こちらの「鍔文花器」もジャポニズムな作品。刀の鍔が描かれています。
ガレは、こんな陶器も作っていたんですね。知らなかった~

DSCN1465-500.jpg

そして、レセプションではこんなお菓子もふるまわれました。
マカロンやマドレーヌでナント気分~

楽しい内覧会でした。
機会を与えていただいた、関係者の皆様に感謝します。

関連記事
web拍手 by FC2

マカロン

2010/04/26(Mon)06:26

おいしかったですね。

こうやって写真を取ることができるチャンスは本当にありがたいと思います。

名前:Cos (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。