< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 松谷武判展 ~流動 Stream > 神奈川県立近代美術館 > 松谷武判展 ~流動 Stream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

松谷武判展 ~流動 Stream

神奈川県立近代美術館・鎌倉で始まった「松谷武判展 ~流動 Stream」のオープニングに行ってきました。

松谷武判 入り口500

松谷武判(まつたにたけさだ)さんといっても、ご存じない方が多いと思いますが、1966年に渡仏され、パリを拠点にモノクローム作品を手掛けられているアーティストです。
今回の展覧会では、80年代後半以降の作品~新作10点が展示されています。

松谷武判 接点2009-500
接点2009

松谷武判 重ねる2009-500
重ねる2009

松谷武判 挟む2009-500
挟む2009

新作の中から3点を載せてみましたが、ビニル系接着剤を用いたデロっとした立体感、重厚感が特徴的です。
絵というより、レリーフに近いですね。
白と黒だけのシンプルな作品ですが、その分、形の妙を純粋に楽しむことが出来ました。

といったそばからですが、第二展示室の「発芽」が青い。。
あれっと思ってよく見たら、この作品だけ、青いライティングがしてあるんですね。
何か理由があるんだろうか。と悩みつつ、展示室を出ると松谷さんのパフォーマンスが始まっていた。

上から水を砥石に垂らしつつ、墨をすり続けるというパフォーマンス「流れ 鎌倉 2010」。
場つなぎに何かお喋りでもされるかと思ったら、寡黙な松谷さんは、黙々とひたすら墨をすり続ける。。
周りの観客が、「いやー、久しぶり。お元気?」「なになに、何やってんの?」「ぴろり~ん(シャッター音)」と喧しい。なんだか、ジョン・ケージの4分33秒を思い出してしまったよ。

松谷さんのパフォーマンスは4分33秒では終わらず、10分近く墨を擦っただろうか、墨の匂いが漂ってきて終了。
これだ。

松谷武判 パフォーマンス500
流れ 鎌倉 2010

ふと見ると、砥石が青く光っていて、びっくり。
え、これも、青いライティングと思ったら、、
青い空が反射していたのでした。いいお天気でしたね、今日は。

パフォーマンスの後は、レセプションに参加させていただきました。(十数年ぶりに学芸員のIさんと再会。いやぁ、懐かしかった。)
ビスメロの演奏をききつつ、軽食をいただきました。
ビスメロってどんなバンド?と思ったら、あれあれ、辻さんに近藤さん。。
ジョングルールの他にも、こんな演奏活動されていたんですね。

ビスメロ500
関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。