< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ネオテニージャパン展 > 未分類 > ネオテニージャパン展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ネオテニージャパン展

ネオテニージャパン 高橋コレクション展、行ってきました。

ネオテニージャパン展ちらし

現代アートの展覧会ですが、会田誠さん、池田学さん、束芋さん、町田久美さん、山口晃さんなど、私のお気に入りの画家さんたちが勢ぞろい。
単純に、好きな作品がたくさん観られて幸せ~だったのですが、しかし、この展覧会のタイトルのネオテニー(幼形成熟)って意味深だなぁ。
90年代以降の日本の現代美術にみられる特徴―幼さ、カワイイ、こどものような感性、と一応の説明はされていますが、うーむ。
まぁ奈良さんの作品はそうかもしれないけど。
あるいは、子どものように楽しそうに無邪気に絵を描いている、ということかな。
いやーでも制作の現場では、「生みの苦しみ」って、きっとあるだろうし。
小難しく絵を観るのはあまり好きではないのですが、なんだかいろいろ考えてしまいました。

関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル:学問・文化・芸術

web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。