< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > THE ハプスブルグ > 未分類 > THE ハプスブルグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

THE ハプスブルグ

国立新美術館で始まった、「THE ハプスブルグ」に行ってきました。

展覧会20091003 002

まずは、ハプスブルグ家の肖像画の部屋。
入ってすぐ、「オーストリア皇妃エリザベート」がお出迎え。
ほぅ~とため息が出てしまいます。

オーストリア皇妃エリザベート
ヴィンターハルター 「オーストリア皇妃エリザベート」

次は、イタリア絵画。
ここでは、カニャッチの「自害するクレオパトラ」にやられました。
最初パッとみたとき、まどろんでいるのかな、と思ったのですが、あぅ~右腕に毒蛇がぁ。
カニャッチ、渾身の傑作。

カニャッチ 自害するクレオパトラ
カニャッチ 「自害するクレオパトラ」

次は、ドイツ絵画。
ここでは、なんといっても、クラナッハの「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」が白眉。
なんとも、衝撃的な目を背けたくなるグロい絵ですが、これはぜひとも「見なければならない」一枚。

クラナッハ 洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ
クラナッハ 「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」

クラナッハは、ほぼ同じ構図のこんな絵も描いているんですよね(出品はされていません)。どういう趣味なんだか。

Lucas_Cranach.jpg
クラナッハ 「ホロフェルネスの首を斬るユディット」

それと、デューラーも忘れてはいけません。
これは。。なんだか、池上先生に似てますね。

デューラー
デューラー 「ヨハンネス・クレーベルガーの肖像」

工芸品、映像コーナーを過ぎて、いよいよ、スペイン絵画。
ムリーリョもよかったのですが、ここはやっぱりベラスケス。
ただただ、うっとり見とれるしかありません。

ベラスケス 白衣の王女 マルガリータ・テレサ
ベラスケス 白衣の王女 マルガリータ・テレサ

そして、最後は、フランドル・オランダ絵画の部屋。
さりげなく、出口近くにレンブラントの「読書する画家の息子ティトス・ファン・レイン」がぁ。
レンブラントで、この扱いとは。

おそるべし、THEハプスブルグ。気を抜いたら、やられます。

「THE ハプスブルク Treasures of the Habsburg Monarchy」展
会場: 国立新美術館
スケジュール: 2009年09月25日 ~ 2009年12月14日
住所: 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
電話: 03-5777-8600
関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。