< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ステッチ・バイ・ステッチ展 > 未分類 > ステッチ・バイ・ステッチ展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ステッチ・バイ・ステッチ展

・刺繍をするのも見るのも好き。だって女の子だもん。
・「ニットの貴公子」「ビーズ刺繍の貴公子」などの言葉に弱い。
・細かい手仕事を見ると感動する。
・刺繍なんてオカンアート(主婦による自宅装飾品)でしょ?手芸なんてダサい。興味ない。
・美術館で手芸を展示するなんて、ネタ切れもいいとこだ。アニメの次は手芸か。
・クールでカッティングエッジな現代美術が好き。布だの糸だのは、甘くて見てられない。
な方にオススメな展覧会なんだそうだ。

3番目にあてはまるかな。。
まあいいや、どんなもんだかみてこよう。
行ってきました、庭園美術館のステッチ・バイ・ステッチ展

ニードルアートは、職人さんの工芸品的な感じがただよっていて、もちろんそれはそれで素晴らしい手仕事ではありますが、正直見方がよくわからないところ。

奥村さんの「夜警の刺繍」は、よかった。こういうブックカバー、欲しい!
質感はどうなんだろうか、触りたかったなぁ。

02.jpg

08.jpg

11.jpg

それから、清川さんのコンプレックスシリーズ。
女性のヌード写真にピンを突き刺すって、変質者の男がやりそうな作品だけれど、モデルとしても活躍し、「美女採集」やってた清川さんじゃありませんか。

うーむ、これ「コンプレックス」なのか。ピンを突き刺したくなるのか?
美女のコンプレックスはよく分からない。。

「ステッチ・バイ・ステッチ:針と糸で描くわたし」展
会場: 東京都庭園美術館
スケジュール: 2009年07月18日 ~ 2009年09月27日
住所: 〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
電話: 03-3443-8500 ファックス: 03-3443-3228

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。