< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 美術館de街コン絶対攻略マニュアル > 東京都美術館 > 美術館de街コン絶対攻略マニュアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

美術館de街コン絶対攻略マニュアル

IMG_20131120_184047

 

ターナー展@都美のブロガー内覧会に行ってきました。

http://www.turner2013-14.jp

本記事はそのレポートなのですが、実は、このターナー展で画期的なイベントが予定されています。

「美術館de街コン」

http://bijyutucon.info

美術館を貸し切っての街コン(街ぐるみで開催される大規模な合コン)が、初開催されるのです。

ただ、どうも女子に比べて男子の参加人数が少ないとのこと。

絵画鑑賞だと、女性をリードする自信がないということでしょうか。薀蓄の一つも語れないといけないとか。

いや、そんなことはないのですけどね。連れの女性に妙に知ったかぶりして解説してる人、たまに見かけますけど、なんかねぇ。

とはいえ、男ごころが分からないわけではありません。悩める男子のために一肌脱ぎましょう。

というわけで、釣り気味のタイトルつけてみました。予習になれば幸いです。

 

まず、ターナーについて。

19世紀のイギリスの国民的画家です(1775~1851)。絵画史的には風景画の先駆けといえる画家の一人です。

日本では、夏目漱石の坊ちゃんに登場することで知られるようになりました。この場面。

「あの松を見給え、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」と赤シャツが野だにいうと、野だは「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。ターナーそっくりですよ」と心得顔である。ターナーとは何の事だか知らないが、聞かないでも困らない事だから黙っていた。

 

IMG_20131120_195018

「チャイルド・ハロルドの巡礼」

幹が真直で、上が傘のように開いて、とはまさにこのこと。

「チャイルド・ハロルドの巡礼」の絵にきたら、「なるほど、坊ちゃんですね。」と薀蓄をたれましょう。

そうそう、「チャイルド・ハロルドの巡礼」というのは、バイロンの物語詩のことね。

ターナーは、バイロンの詩から着想を得て、この絵を描いたのでした。

 

IMG_20131120_194432

「スピッドヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船」

ターナーにとって、海は重要なテーマで、生涯、多くの海の絵を描きました。

その海景画家としての本領が発揮された一枚ですが、拿捕された二隻のデンマーク船とはおだやかではありません。

これは、ナポレオン戦争の一場面なのですね。デンマークは、フランス側で参戦しました。なので、イギリスからすると敵国になるわけです。

 

IMG_20131120_195210

「レグルス」

ターナーは、大気と光の画家といわれますが、なるほどこれがそうかと首肯する一枚。

「レグルス」の絵にきたら、「ターナーって、大気と光の画家って言われてるよね」と薀蓄をたれましょう。

なお、レグルスとは、ポエニ戦争時のローマの将軍で、捕虜になってまぶたを切り取られました。

そんなレグルスが見たであろう、陽光。まさに光の洪水ですね。

こればっかりは、実物をみないと分からない。ぜひ、美術館に足を運んで御覧いただきたいです。

 

IMG_20131120_200856

熱心に鑑賞するブロガーのみなさん

 

IMG_20131120_195704

三つの海景

わお、この絵にはびっくりした。まるっきり、ロスコー。

海の景色が3つ描かれている絵ですが、いや、やっぱりロスコーだ。

「三つの海景」の絵にきたら、「ひゃー、これって、ロスコーだよね。ロスコーって、ほら、川村にあるやつ。」と薀蓄をたれましょう。

 

IMG_20131120_200805

「湖に沈む夕陽」

ん?ぱっと見、何が描いてあるのか分からない。光だけ描いたといった感じ。

これが絵か?と思うけれど、ターナーが印象派に与えた影響って大きかったんだなぁ、ということがよく理解できる一枚でもあります。

「湖に沈む夕陽」の絵にきたら、「印象派の絵みたいだね。モネって、絶対ターナーの影響受けてるよね。」と薀蓄をたれましょう。

 

IMG_20131120_200713

「戦争、流刑者とカサ貝」

流刑者とはナポレオンのこと。

赤く染まる夕景の中、カサ貝に視線を落とすナポレオンが寂しげに描かれています。

「カサ貝って、どれだろう?」ときかれたら、「これだよ」と教えてあげましょう。

kasagai

 

 

 

IMG_20131120_200920

「平和―水葬」

「戦争、流刑者とカサ貝」と対になる作品。

友人の画家デイヴィット・ウィルキーが水葬される場面を描いています。

黒を基調とした暗い絵なので、発表当時の評判はよくなかったそうなのですが、私は、この絵が一番気に入りました。

たなびく煙が水墨画のようでもあり、実に見事に描かれています。

「等伯の松林図屏風みたいな煙だね。」と薀蓄をたれましょう。

 

さて、駆け足でみてきましたが、街コンの参考になったかな。男子諸君の検討を祈る。

 

★ターナー展

<会場> 東京都美術館

<会期> 2013年10月8日(火)~ 12月18日(水)

<開室時間> 9:30~17:30(金曜日と10月31日、11月2日、3日は20:00まで)

<休室日> 月曜日(ただし10月14日、11月4日、12月16日は開室。10月15日、11月5日は閉室)

<チケット>

一 般 1,600円 (1,300円)

学 生 1,300円 (1,100円)

高校生 800円 (600円)

65歳以上 1,000円 (800円)

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。