< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 福田美蘭展 ブロガー内覧会にいってきた > 東京都美術館 > 福田美蘭展 ブロガー内覧会にいってきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

福田美蘭展 ブロガー内覧会にいってきた

東京都美術館で開催中の、福田美蘭展 ブロガー内覧会にいってきました。

http://www.tobikan.jp/museum/2013/2013_fukudamiran.html

20130806_184906

さて、入り口の胡蝶蘭、どこか変です。お祝いの花じゃないですよ、作品です。

花がつきすぎですね。「ん?なんか違う、、」というのが福田美蘭の作品の特徴なのです。

20130806_185556

会場の様子です。2フロアでの展示です。

20130806_200900

左から「水墨山水」「旭日静波」「遊鯉」ですが、白雪姫に、ハート形の朝日に、死んだ鯉。

思わずくすっとしてしまいます。エンターティメント絵画なのですね。まじめにというより、楽しく面白く鑑賞するのが吉。

20130806_185911

というわけで、こんなこともしちゃいます。

「床に置く絵」という作品ですが、絵を踏みつけるという行為が、アート作品というコンセプトになっています。

 

20130806_185808

これは、「ピエタ」という作品。

ちょっと分かりづらいですが、キリストの部分が切り抜かれて、蝶番で後ろに開くようになっています。

20130806_201019

「眠れる森の美女・オーロラ姫」という作品。

今回の展覧会では体験型の作品が多いので、このソファにも座ってみたくなりますが、これは座ってはダメなので、ご注意。

 

20130806_193030

これは、何だか分かりますか。

フライヤーにも使われている「アカンサス」の側面ですが、なんとアカンサスの方がプリント生地だったのですね!

アカンサスの方を描いているのかと思いましたよ。

 

駆け足で紹介してきましたが、このほかにもドラえもんとか、冷蔵庫の中に絵とか、絵なんて分からないよーという方にも楽しめる展覧会になっていますので、多くの方に足を運んでいただきたいと思います。

 

■福田美蘭展

■会期:2013年7月23日(火)~9月29日(日)
■会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
■休室日:毎週月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)(9月16日(月)、9月23日(月)は開室)
■開室時間:午前9時30分から午後5時30分まで(入室は午後5時まで)
■夜間開室:金曜日は午前9時30分から午後9時まで(入室は午後8時30分まで)
■観覧料:一般800円、団体(20名以上)600円、65歳以上500円、学生400円

※高校生以下は無料。
※8月21日(水)、9月18日(水)は「シルバーデー」により、65歳以上の方は無料。
※8月17日(土)、18日(日)、9月21日(土)、22日(日)は「家族ふれあいの日」により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額(400円)。
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名)は無料。
*いずれも証明できるものをご持参ください。

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。