< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「崩れ落ちる兵士」の真実は? > 横浜美術館 > 「崩れ落ちる兵士」の真実は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

「崩れ落ちる兵士」の真実は?

横浜美術館で開催中の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」に行ってきました。

17582_10200550777713980_398659992_n

キャパの名を一躍有名にした「崩れ落ちる兵士」、また「ちょっとピンぼけ」といった著作でも知られるキャパですが、実際は、ゲルダ・タローという女性カメラマンとの共同作業であったことは、ゲルダが27歳という若さで亡くなったこともあり、ほとんど知られていません。
そのゲルダ・タローのビンテージプリントが初公開!

この写真を見ると、ゲルダ・タロー、戦場カメラマンって感じしませんね。

Gerda_Taro-Anonymous

 

また「崩れ落ちる兵士」については、最近発表され、NHKでも放映された沢木耕太郎氏の新説が非常に興味深いので、予習しておくとまた見え方が違ってくるでしょう。
はたして、兵士は撃たれているのかいないのか、撮影したのはキャパなのか?謎が多い写真です。

robertcapa2

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。