< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ミレーとバルビゾン派の画家たち展 > 未分類 > ミレーとバルビゾン派の画家たち展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ミレーとバルビゾン派の画家たち展

2006年に開館して、今月末に閉館する青山ユニマット美術館に行ってきました。
閉館は急に決まったのでしょうか、4/14までの予定だった「ミレーとバルビゾン派の画家たち展」のチラシには3/31の修正シールが貼られていました。

1108986766_88.jpeg

さて、作品の方は、フランソワ・ミレーの「犬を抱いた少女」、可愛らしくてよかったです。
農民の絵のイメージが強いミレーですが、こんな絵を描いていたとは知りませんでした。
クールベの「シヨン城」もよいですね~。こういう風景画を見ると、実際に行ってみたくなります。
おお、Kenさんって、実際に行かれたみたいですね!
関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。