< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > カテゴリ > 三菱一号館美術館
銀座POLA ANNEX
ココに挿入したい文章を入れます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

三菱一号館のブロガー内覧会に行ってきた

三菱一号館美術館で始まった「名品選2013 印象派と世紀末美術」のブロガー内覧会に行ってきました。

http://mimt.jp/meihin/

IMG_20131003_181011

19世紀~20世紀初頭のフランスの画家たち、ルノワール、モネ、ルドン、ロートレック、ヴァロットンなど、初公開を含む149点の展覧会です。

まずは、印象派からスタート。

IMG_20131003_192438

やはり、目玉は、このルノワール『長い髪をした若い娘』でしょう~。

ルノワールは、少しずつ画風を変えていっていますが、この絵が描かれたのは、1884年。「硬い絵の時代」の作品です。

ルノワールは、ほんわかした裸婦画など多く描いていますが、この絵の少女は、きりっとした顔立ちをしていますね。

 

IMG_20131003_182653

次は、ロートレックのポスター。状態がよくて、嬉しくなります。

ロートレックに囲まれていると、二子玉川のチーズケーキファクトリーを思い出すなぁ。

 

IMG_20131003_182829

そして、三菱一号館といえば、ルドン!

もちろん、「グラン・ブーケ」もお見逃しなく。

 

IMG_20131003_192747

IMG_20131003_192802

 

来年の話で恐縮ですが、来年6月に三菱一号館美術館でヴァロットン展が開催されます!

http://mimt.jp/vallotton/top.html

なかなかまとめて見る機会のない画家ですが、今回の展覧会にはヴァロットンの版画が多数出ていて、一見可愛らしいけど、ちょっと不気味な雰囲気の版画を堪能できます。

 


■三菱一号館美術館名品選2013 -近代への眼差し 印象派と世紀末美術-

・会場:三菱一号館美術館(東京・丸の内)

・会期:2013年10月5日(土)~2014年1月5日(日)

・開館時間:10:00~18:00(金曜(祝日除く)のみ20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
※1月3日(金)は18時まで開館

・休館日:月曜休館(但し、祝日の場合は開館し、翌火曜休館/12月24日は18時まで開館)/
12月28日(土)~2014年1月1日(水・祝)

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

浮世絵展ブロガー内覧会に行ってきた

浮世絵FloatingWorld~珠玉の斉藤コレクション展@三菱一号館のブロガー内覧会に行ってきました。

http://mimt.jp/ukiyoe/

 

20130625_200207

川崎・砂子の里資料館の館長でもある、斉藤文夫さんの浮世絵コレクションが丸の内へ。

他館のブロガー内覧会にも何度かお邪魔していますが、今回は、一点撮り、接写もOKの太っ腹企画!

撮りまくってきましたよ~。

 

20130625_191342

山崎女龍 「遊女と禿図」

このケース展示は斬新だなぁ。

20130625_194906

写楽《二代目市川門之助の伊達与作》

 

20130625_192733

鈴木春信《風流やつし七小町 草紙あらひ》

7枚コンプリート!

 

20130625_193739

喜多川歌麿《青楼十二時 続 丑の刻》

遊女の一日を時系列で描く連作。この絵は、お手洗いにいくところ。

 

20130625_195103

初代歌川豊国 役者地顔六玉川 調布の玉川

20130625_192116

磯田湖龍斎《女湯》

 

20130625_195354

歌川国芳《忠臣蔵十一段目夜討之図》

 

20130625_195324

初代歌川豊国 江戸両国すずみの図

 

20130625_194045

喜多川歌麿 「江の島の鮑取り」(部分)

 

20130625_194831

ウジェーヌ・グラッセ 《硫酸魔

浮世絵に影響をうけた画家の絵の展示もありました。硫酸魔、怖い。。

 

20130625_200053

 

本展覧会は9/8までの開催ですが、第一期、第二期、第三期と大幅な展示替えがあります。

お目当ての作品があったら、展示期間を確認してからお出かけになったほうがよいでしょう。

第1期:6月22日(土)~7月15日(月・祝)
第2期:7月17日(水)~8月11日(日)
第3期:8月13日(火)~9月8日 (日)

web拍手 by FC2

大混雑のクラーク・コレクション展で見るべき10枚

三菱一号館美術館で開催中のクラーク・コレクション展のブロガー内覧会に行ってきました。

s-IMG_20130213_183910.jpg

ボストンから車で3時間、マサチューセッツ州ウィリアムズタウンにあるクラーク美術館を知る人は少ないかもしれません。しかし、そのコレクションは一級品。2010年から改装工事が行われており、今回、日本への巡回展示が実現しました。こんな貴重な機会を見逃すわけには行きません。

今回の展覧会では、ルノワール22点をはじめとする73点が展示されており、うち59点が日本初公開となります。印象派好きな私にとっては、テンション上がっりっぱなしの展覧会となりました。大混雑必至の展覧会ですが、そのうち特に注目すべき10枚について、紹介したいと思います。

1.ルノワール 「劇場の桟敷席」

まずは、ルノワール。今回22点のルノワールが来ており、どの絵も楽しめましたが、改めてルノワールの凄みを思い知らされました。まさに、横綱相撲といった感じ。

s-the_theater_at_the_concert.jpg

「劇場の桟敷席」は、フライヤーにも使われている名画ですが、いわくつきの一枚。

正面を向いている黒い衣装の女性と、横顔の白い衣装の少女。そして、もう一人。X撮影により、バックのカーテンにはもともと男が描かれていたのですが、塗りつぶされてしまったことが判明しました。よーく見ると、左手を白い少女に、右手を黒い女性に回す、男が。。

2.ルノワール 「鳥と少女」

s-child_with_bird_renoir_media_page.jpg

「鳥と少女」には、「アルジェリアの民族衣装をつけたフルーリー嬢」という副題がついています。

フランスの少女に、アルジェリアの衣装を着せて描いた絵ですが、ルノワールはオリエンタリズム(東洋趣味)に深い関心があり、アルジェリアをテーマにした絵をいくつか描いています。なじみのあるところでは、国立西洋美術館所蔵の「アルジェリア風のパリの女たち」など。

s-img_236287_57053651_25.jpg

3.ルノワール 「たまねぎ」

s-Onions-Renoir-L.jpg

確かに玉ねぎが描いてあるのだが、これは私の知っている玉ねぎではない。
華やかでイキイキとしていて、野菜というより花に近い。
食べていいんだろうか。

4.ルノワール 「テレーズ・ベラール」

s-2010013116270908b.jpg

「テレーズ・ベラール」は、2010年のルノワール展でも来日しており、その可憐な少女の佇まいは、多くの方の記憶に新しいところでしょう。

すでになじみ深い絵ではありますが、2010年のルノワール展で一番印象に残った絵でしたので、未見の方はぜひご覧になっていただきたいと思います。

5.モネ 「エトルタの断崖」

s-Claude_Monet_The_Cliffs_at_Etretat.jpg

光に照らされた岩肌の表現が、これぞモネ!と言いたくなる作品。空の青も、気持ち良い。

この絵が描かれたのが、朝か夕方かという話もありましたが、なんとなく朝のような気がしました。

6.ドガ 「稽古場の踊り子たち」

s-Dancers_in_the_Classroom.jpg

ドガといえば踊り子。踊り子といえばドガ。

横長サイズのキャンバスに、踊り子たちが描かれていますが、ちょっと面白い構図ですね。真ん中の踊り子が持っている日本風の三色扇子にジャポニズムの影響が伺えます。

7.アルフレッド・ステヴァンス 「公爵夫人 <青いドレス>」

s-display_image.jpg

意表をつかれた、といってはステヴァンスに失礼かもしれませんが、ノーマークだった佳品。

手紙を手にして、何か物思いにふけっている女性。何か物語がありそうです。それにしても、青のドレスが目を見張る美しさ!

8.ジェームス・ティソ 「菊」

s-cw169.jpg

ジェームス・ティソはフランスの画家ですが、イギリスに渡って名前もイギリス風にしてしまいました。

さて、一面菊に埋めつくされ、女性の顔まで黄色くなっている絵ですが、非常に日本趣味だと感じました。実際、ティソは日本びいきで、日本美術品の収集もしていたそうです。

9.ジェローム 「蛇使い」

ジェロームもアカデミズム絵画の画家として活躍しました。

s-2013021220055235d.jpg

「蛇使い」は、オリエンタリズム満載の不思議な絵です。青いタイルの背景はトプカプ宮殿のもので、その前で裸の少年が大蛇を巻きつけています。

が、当時、こんなへびつかいは存在しません。表現は写実的ですが、シュールな一枚。

10.ブグロー 「座る裸婦」

s-seated_nude_1884.jpg

19世紀フランスのアカデミズム絵画の巨匠、ブグローは甘美な絵を数多く残していますが、この「座る裸婦」も、ブグローならではの官能的な一枚。

青い頭巾と艶やかな肌とのコントラストがとても印象的です。お腹のしわも妙にリアルでエロティック。


さて、駆け足で10作品見てきましたが、この展覧会は「青」の展覧会といっても過言ではないでしょう。

「テレーズ・ベラール」の青いリボン、「エトルタの断崖」の青い空、「公爵夫人」の青いドレス、「蛇使い」の青い壁、「座る裸婦」の青い頭巾、「青」が印象に残りました。

どうぞ「青」をお見逃しなく!
web拍手 by FC2

「パリスの審判」の”模写”

三菱一号館美術館の「三菱が夢見た美術館」に行ってきました。
http://mimt.jp/yume/index.html

岸田隆生も曜変天目茶碗もすばらしかったけれど、面白かったのは、
ルノワールの「パリスの審判」と、それを梅原龍三郎が”模写”した絵。
模写のレベルを超えて、完全に梅原ワールド全開!
やはり絵のオリジナリティというのは、こうでなくてはと再認識したのでした。

ルノワール、梅原のほかにも、多くの画家たちがこのテーマを取り上げています。
有名どころを貼っておきます。

Renoir judgement of Paris500
ルノワール

Rubens_-_Judgement_of_Paris500.jpg
ルーベンス

Philippe_parrot judgement of Paris 500
パロット

Lucas_cranach_judgement_of_paris500.jpg
クラナッハ

ロラン パリスの審判
ロラン

【パリスの審判】
ペーレウスとテティスの結婚披露宴に招かれなかった争いの女神エリスは怒って式場に乗り込み、黄金の林檎を投げ入れた。黄金の林檎には「最も美しい女神に」と書かれてあり、3人の女神、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテーがこれを争った。

ゼウスは仲裁するために、イリオス王プリアモスの息子のパリスに判定させることにした。これが「パリスの審判」である。パリスに取り入るため、アテーナーは「戦いにおける勝利」、ヘーラーは「アシアの君主の座」、アプロディーテーは「最も美しい女を妻に与える」と約束した。パリスは、アプロディーテーが最も美しいとし、アプロディーテーが勝利したが、この「最も美しい女」とはスパルタ王メネラーオスの妻となっていたヘレネーのことで、これがトロイア戦争の原因となった。


web拍手 by FC2

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。