< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > カテゴリ > 東京都現代美術館
銀座POLA ANNEX
ココに挿入したい文章を入れます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

レベッカ・ホルン展

東京都現美の「レベッカ・ホルン展」、行ってきました。

名前を聞くのも作品を見るのも初めてのアーティストなので、さて、どんな作品かと楽しみにしていましたが、意外にも非常にメカニカル。
《ジェイムズ・ジョイスのためのヌーグル・ドーム》のカニのような8本のナイフの動きを見ながら、なんとなく「明和電機」を連想したのでした。
両者のアートの方向性は違うと思いますが、ただの機械仕掛けの作品に終わらない何かがあります。

機械は人間に対し、ふたつの仕事をする。
物理世界に対する仕事と、精神的に対する仕事だ。
精神に対して仕事をする機械には詩がある。
明和電機ブログより


壮大なインスタレーション作品《鯨の腑の光》は、文字を目で追ってると、ぐるぐる目が回ってしまいましたが、ぼーっと1時間くらいあの部屋にいると、また違うのかもしれない。


(3:07より)

《アナーキーのためのコンサート》は、鍵盤飛び出すのより、引っ込む方が見所だと思いました。

あと、1Fでは8本の映像作品が上映されていましたが、これ見切れないよぅ。
どうやって全部見ろというのだ。何度も通うしかない。。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。